コーヒー豆の保管方法 最適な期間や道具を紹介

この記事は、コーヒー豆の保管方法を紹介します。

コーヒー豆を購入したけど、どうやって保存して鮮度が良い状態でコーヒーを楽しめるか解説していきます。

こんな人におすすめ!

  • コーヒーの正しい保管方法について知りたい人
  • 美味しい状態でコーヒーを飲みたい人
モイ

当店でもコーヒー豆を購入している方いらっしゃると思うので、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

目次

1.購入時のポイント

結論

2~3週間程で飲み切れる量を購入する

1-1.焙煎からどのくらい経過しているか

珈琲豆を購入すると、食品ラベルが貼ってあると思います。

焙煎した日や賞味期限が記載されているので、チェックしましょう。書いていない場合は、店員さんに聞くと教えてくださる時もあります。

※たまに店員さんが把握されていない可能性時もあるので、ご注意を。

1-2.オンラインでは購入できない、特定の期間でないと購入が厳しい貴重な豆の場合

沢山購入して、冷凍する方法もあります。

貴重なコーヒー豆は、もともと仕入れが少ない・環境など様々な理由により高価で提供されています。

買い占めるのではなく、コーヒー豆を作っている生産者にとっても最も良い状態で美味しく飲んでいただくのが一番です。

欲張らずに一度冷静になって飲み切れる量を考えて購入をしてみてください。

2.保存缶や保存容器

2-1. 保存缶・キャニスターおすすめ

保存方法は環境や人によってそれぞれ違うかと思います。

ガラス瓶に入れる人、金属キャニスターに入れる人、袋のままの人・・・

さてどれが最適でしょう。

保存缶にも様々な種類がありますが、キャニスターや茶缶がおすすめです!

コーヒー豆の鮮度を保つ要素「温度・湿度・酸素・光」をどのくらい満たしているかが重要になります。コーヒーを美味しく味わうためにも必要な要素なので、覚えておきましょう。

そんな上記の要素を満たしているのが、当店のロゴ入りのオリジナルコーヒー缶です。

加藤製作所様で製作していただきました。

11月の雨ロゴ入りコーヒー缶

1895年(明治28年)創業の127年の歴史をもつ「珈琲缶」、「茶缶」、「お菓子缶」のメーカーさんです。

一つ一つ丁寧に職人さんが熟練の職人技と長年の使用により手に馴染んだ機械によって一つ一つ丁寧に缶を製造しています。工程により役割の異なる手動の機械で造られるからこそ、どこか温かみを感じられます。

当店のコーヒー缶はオンラインショップでも販売しております!

モイ

実際に使用していますが、中蓋付きで大きさもちょうど良く100-150g入る容量で、香りも長持ちしているので愛用しています!

2-2. めんどくさがりの方向け

・コーヒー屋さんで購入してきた豆が入っている袋

・ジップロック

横着な人、そんなにこだわりない方はそのままでも良いかと思います。

理由として、コーヒー屋さんでいただく袋は基本的にジップロックと同様にチャックがついている密閉保存ができるタイプが多いからです。

完全密閉できる容器(ジップロックなどでOK)で保存するようにしてください。

できるだけ空気を抜き、冷蔵庫での保存がおすすめです。

3.コーヒー豆の保管場所や期間

3-1.保管場所

・日光の当たらない場所
・湿気のない場所

例えば、冷凍庫や冷蔵庫が当てはまります。

夏場や暑い時期

冷蔵庫で保存をするようにしましょう。

3-2.保存期間

コーヒーは焙煎してから4〜5日目が、ガスの放出が落ち着いてくるので、味がしっかりと出るため、

1番の飲みごろと言えます。

・1週間〜2週間以内に飲み切ってしまう場合

コーヒーの保存缶・キャニスター、ガラスのビンでの保存がおすすめです。

常温保存していても、劣化が比較的少ない状態でコーヒーをお楽しみいただけます。

2週間の保存経過すると・・・・

基本的に味わいがすごい変化するわけではないですが、本来豆が持っている味わいに少し変化が感じられます。

香りに圧倒的な違いが出てくる頃です。

2週間以上保存したい場合は、冷蔵庫保存がおすすめです!

保存のポイント
  • 遮光性がある
  • 密閉できる容器で常温保存にして、密閉状態で保管する
  • 冬場などは室内でもOKですが、室内が高温になる夏場は冷蔵庫で保存が望ましい

まとめ

コーヒー豆も生き物のように繊細なので、しっかりとした保管方法を覚えておくとより美味しくコーヒーを楽しめると思います。

大量に購入するよりは飲み切れる量を購入するのが良いです。

正しい保管方法と期間を知って、美味しいコーヒー豆を購入しましょう。

オンラインショップで、当店のコーヒー豆や保存缶も販売しているので、良かったらご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次