おすすめのコーヒーミルメーカー比較 4選

この記事では、現役のコーヒー屋の店主がコーヒーミルの種類や選び方を機能と価格を比較しながら購入時のポイントを解説していきます。

美味しいコーヒーを淹れるために欠かせないコーヒー豆を挽く作業。

本格的な味わいのコーヒーを追求する人にとっては欠かせない必須アイテムです。

目的やデザインによって必要なコーヒーミルの形状や価格が変わりますので、ぜひ記事を参考に比較して自分にぴったりのコーヒーミルを手に入れてみてください。

この記事はこんな人におすすめ!

・美味しいコーヒーを淹れたい人

・コーヒーミルの購入を検討している人

・おうちでもお店と同じくらいのクオリティを求めている人

あめ

コーヒーミルを手に入れておうちコーヒーを楽しみましょう

目次

①コーヒーミルについて

コーヒーミルを使うと、挽きたての豆でコーヒーを楽しむことができます。

コーヒーを淹れる直前に豆を挽くとコーヒーが本来持っている豊かな香りや味わいになり、より美味しくコーヒーを飲むことが可能です。

豆を挽いた状態から時間が経つと酸化が進んで香りや味に影響が出るため、コーヒーミルがご自宅にあると非常に良いでしょう。

コーヒー豆の粒度

コーヒーミルは、豆の粒度(粒の粗さ)を変更可能です。自分好みの粗さでコーヒーを楽しむことができます。

美味しくコーヒーを淹れるには、豆の粒度を均等にすることが重要です。

ドリップコーヒーの時は中挽き、エスプレッソは細挽きというように挽き目を変えることが可能。コーヒーに適した挽き目でコーヒーを淹れることが美味しさを引き出すことに繋がります。

※コーヒー豆や淹れ方はそれぞれ好みは異なるので、好きなコーヒー豆を見つけたらお店の店員さんや焙煎士さんに珈琲豆の粒度のおすすめを聞くのが良いです。

均等な粒度に挽けるコーヒーミルを見つけて、おいしいコーヒーを味わいましょう。

挽いた珈琲の粉や珈琲豆は保存缶で保存すると香りも保つことができるので、コーヒーの保存缶があると役に立ちます。

コーヒー豆保存缶

あめ

当店でも珈琲缶を作りました!

当店のコーヒー缶は、オンラインショップでも販売しています。中蓋つき香りも逃げず、100g〜150g入るちょうど良い大きさでとても便利です。

BASEや店頭で販売していますので、よかったらチェックしてみてくださいね。

②コーヒーミル(電動・手動の特徴)

コーヒーミルにも手動のミル電動のミル等、様々な種類があります。

目的に合わせたコーヒーミル選びが重要です。

コーヒーミル(電動)

電動のコーヒーミルのメリット

・その日の気分や豆によって自分好みの粒度に変えることができる。

・均等の粒の大きさになる

・豆を挽く時間が短縮できる

電動のコーヒーミルのメリット

・大きさによってミルを置くスペースが必要で、持ち運びが厳しい

・自分でメンテナンスをする必要性がある

あめ

コーヒー好きはメンテナンスも楽しめると思いますよ!

コーヒーミル(手動)

手動のコーヒーミルのメリット

・その日の気分や豆によって粒度を変えることができる

・軽いものを使用するとキャンプや外出先に持って行くことができ、持ち運びも可能

・インテリアとして楽しめるおしゃれなデザインのものが多い

手動のコーヒーミルのメリット

・時間と手間がかかる

・商品によっては粗さがバラバラになる時がある

あめ

どちらも魅力的なので、両方持っています!

③コーヒーミルの刃の種類

刃の種類は、大きく分けて2種類あります。

①プロペラ式

②臼式

①プロペラ式

手入れがしやすく、スピーディーに挽くことができます

刃とホッパー(挽いた豆が溜まる容器)を丸ごと水洗いできるものもあり、毎日使う際も手入れしやすいです。

高速回転するプロペラ式の刃でスピーディーに挽けるので、朝の忙しい時間に使うときに便利。

プロペラ式はスイッチを押している間だけ刃が回転して豆を挽ける仕組みです。時間が短いと粗挽きに、長いと細挽きになります。

②臼式

臼式のものは、同じ臼式でもコニカルカッターとフラットカッターの2種類に分けられてどちらも均等な粒度に挽きやすいのが特徴です。

本格的なコーヒーを楽しみたい方は臼式がおすすめです。

コニカルカッター:固定された歯と、回転する円錐状の歯の間をコーヒー豆が通過することで粉砕します。歯と歯の間を通過することで豆を粉砕するため、隙間の距離を調整することで挽き目の調整。

フラットカッター:向かい合ったー対の平面の歯の間に入ったコーヒー豆を粉砕します。このタイプも隙間の距離を調整することで挽き目の調整をします。目盛りを調節するだけで簡単に粒度を変えられます。

自宅でエスプレッソやフレンチプレスなど、さまざまな淹れ方を楽しみたい人にもぴったりです。

手動式コーヒーミルのほとんどは、コニカルカッターが採用されています。

④おすすめのコーヒーミル

予算やニーズも人により様々なので、この記事では予算に合わせた電動ミルをご紹介します。

あめ

いきなりお値段の高いコーヒーミルを購入するのは怖いよという方も多いにおすすめ!

Pugrwei 予算:5千円〜2万円

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次